メリットの多い不妊治療、胚盤胞移植

不妊症に悩む夫婦も増えており、
体外受精という言葉はよく知られているものの
一体どのような不妊治療なのか
よく知らない場合もあります。

特に体外受精の場合、
受精卵を培養して子宮に戻すという
「胚盤胞移植」という方法については
あまり知られていません。

体外受精や顕微授精などでできた受精卵を
ある程度成長させて子宮に戻して
妊娠を目指すことを胚盤胞移植といいます。

受精卵は受精してから細胞分裂を繰り返し、
約5~6日で胚盤胞という着床できる状態になります。
その胚盤胞の状態まで培養して子宮に移植するのです。

この方法は受精卵がより成長した段階で
子宮に移植するため、
移植1回あたりの妊娠率があがります

初期胚の時点では子宮に戻して
順調に育つ良好なものかどうか
見極めるのは難しいのですが、
胚盤胞の受胎まで培養させると
良質な胚を選別することができるという
メリットが挙げられます。

メリットが多い胚盤胞移植ですが、
初期胚などと比べ培養時間が長いということで費用も重なります。

そのためこの不妊治療を受けることは
しっかりとパートナーが話し合って、
金銭的な負担やリスクを理解した上で決定していきましょう。

http://www.haruneclinic.com/

心療内科に行く前に自分でヒステリー球を治してみる

ヒステリー球という疾患を聞いたことがあるでしょうか。
これはずっと喉の奥に桃の種くらいの塊があるような感じがして、

せきばらいをしてもつばを飲み込んでも
一向に消えない感じがする症状のことをいいます。

ヒステリー球のことを知らない場合、
「喉に何かできものができてしまったのではないか」
「逆流性食道炎にでもなったのではないか」

と内科で内視鏡検査などを行ってもらいますが、
何にも原因が見つからないことがほとんどです。

ヒステリー球の原因は自律神経のバランスの崩れで、
不安時、緊張時や落ち込んだ時、疲れている時に発症します。

ストレスによって食道の筋肉に分布する交感神経の過活動が起こり、
それによって食道の筋肉が緊張して収縮するため、
食堂が締め付けられ喉の異物感や違和感を感じます。

心が原因なので治療には心療内科に通院することが勧められます。

しかしながら心療内科に行く前に、
十分な睡眠をとることや、生活リズムを整えることや、
ストレスの発散などを自分で行ってみて、
それでもダメなら心療内科の精神療法で
サポートしてもらうとよさそうです。

http://kokubunji.clinic/

加圧トレーニングと有酸素運動を組み合わせることでしっかりダイエット!

加圧トレーニングとは、
筋力のアップに効果的なトレーニング方法のひとつです。

体力があまりない人や怪我などが理由で
ハードな運動はできない人でも、
加圧トレーニングなら
体に負担や疲れを残すことなく
効果的なトレーニングを行うことができます。

単独でも効果のある加圧トレーニングですが、
有酸素運動と上手に組み合わせることで、
ダイエットにもかなり有効なトレーニングとなります。

筋肉は多ければ多いほど
エネルギーを消費しやすくなりますので、
加圧トレーニングは筋肉を増やし
代謝をアップさせるために役立ちます。

基礎代謝が増えれば消費カロリーも増えるので、
太りにくく痩せやすい体作りにつながるのです。

有酸素運動はエネルギーをどんどん消費してくれるので
ダイエットに効果的な運動だとされていますが、
ただ有酸素運動ばかりを続けるよりも、
加圧トレーニングで筋肉量を増やしながら
有酸素運動をするほうが
より効率的にエネルギーの消費量を増やすことができます。

できるだけ短期間で痩せたい、
という目標を持っている人には、
加圧トレーニングと有酸素運動を組み合わせた
ダイエットがおすすめです。

http://www.t-polum.jp/

歯性病と感染、口内環境を整える越谷市の歯科医

口内環境が身体に与える影響というのはけっこう大きい。

テレビ番組などでもよく見聞きすることだが、
歯の噛み合わせひとつとっても、
それが頭痛の原因になったり、
その他体の不具合の原因になったりする。

しかしながら口内環境や虫歯などは、
あんがい軽視されがちではないだろうか。

そういう私も、
日ごろの忙しさにかまけて、
歯の定期検診などは後回しになってしまう。

歯が痛くなっても少しの間は、
そのうちひくだろうなどと考え、
歯医者に行くことを躊躇してしまう。

歯医者に限らず病院全般に行くことが面倒というのがあるのだが。

しかし、少々衝撃的な内容の記事を読んで驚いている。
それは虫歯で人が亡くなった、というもの。

そりゃ満足な治療を受けられない時代なら、
あの強烈な痛みから死にいたることもあるかもしれないな・・・
なんて思いながら読み進めていくと、
なんと2014年の出来事ではないか。
それも18歳という若い女性。

なんでも敗血症になり死にいたったらしいが、
その原因が虫歯の放置だったということだ。
虫歯の菌が肺に転移、そこから血液にまでいたってしまったらしい。

どれだけ放置しておいたのかは知らないが、
このことからも虫歯を軽く考えてはいけないことが分かる。
放置すればするだけ菌が増殖していくのだ。

歯が原因で他の臓器に感染を起こすというのは
じゅうぶんあり得ることだ。

定期的な検診などで予防をするのがいちばんだが、
もし疑いがあるなら、
専門的な歯科医で診察してもらうとよいだろう。

http://hiro-shikaiin.com/blog/index-201.html

私がした剪定失敗。木が暴れて植木屋にレスキュー依頼。

ある職業で働いていると、
その職種特有の言い方がしみついてしまう場合がある。

私の職種の場合で言えば、
「0.1」は「レイテンイチ」とは言わず、「コンマイチ」と言う。
すっかり染みついてしまい、日常でもつい使ってしまう。
なかなかその機会も少ないが。

植木屋さんの間では「木が暴れる」
という言い方をすることがあるのだそうだ。

我が家の庭木がまさしくそんな状態になっていた。
ようは枝があっちこっちに伸びて乱れてしまった状態。
そんな状態をさして「木が暴れる」というらしい。

この木が暴れた状態というのは、まず見た目が美しくない。
どうやら剪定があまり上手でなかったようで、
あまりにもバッサリ切り過ぎたらしい。
ま、やったのは私自身なのだが。

ともかく全体的に形を整えればいいんだろうと、
なにも考えずに切り過ぎた。
樹木って思ったよりも伸びる力が強いんだなあー
と感心していたくらいだ。

今回植木屋に依頼して、
いろいろと教わったのだが、
まさに目からうろこ。
まさか木々の剪定ひとつにひとつに意味があるとは。
http://tokyo-uekiya.com/column/376/

いい植木屋に出会えてよかった。
木が落ち付くには少し時間がかかりそうだが、
かなりスッキリして満足である。

腕のよい植木屋は目黒区にいる!?

目黒寄生虫館というのをご存じでしょうか?
東京都目黒区にある、
世界で唯一の寄生虫の博物館なんです。

寄生虫の博物館・・・
「え~気持ち悪い」
「そんなとこ行く人はよっぽどのマニアか専門家じゃないの?」
と思うかもしれませんが、意外や意外・・・
実はカップルに人気なんです。

そういう私も学生の頃、
当時おつきあいしていた彼女と行ったことがあります。
ふと気になって久しぶりに調べてみたんですが、
いまも健在で、やはりカップルのデートコースとして人気のようです。
行ってみたらほとんどがカップルだった!
なんて報告もネット上で出てきました。

入館料が無料というのもあるんでしょうが、
怖いモノ見たさってやつもあるのでしょう。
たしかに、私も彼女と行ってけっこう楽しかった記憶があります。
怖いものを見てふたりで盛り上がれるってこともあるのかもしれませんね。

そんな珍しい博物館がある目黒区、
実は腕のいい植木屋さんがけっこう多いんです。
このあたりは世田谷区や目黒区など、
比較的裕福な方が多い土地のせいか、
庭の手入れにも気を使う方が多いようなんです。
必然的に腕のいい職人さんが集まってくるらしく、
競合で腕も磨かれていくんでしょうね。

こちらは寄生虫のように見て気持ち悪い~なんてことはない、
美しくて素敵な庭をつくってくれるんでしょう。
植木屋 目黒区で活躍している植木屋さんはこちらです。

スマホの見過ぎで首の痛みか?

ようやくiPhone6sに機種変をしました。
iPhone4からの機種変なので実に5年ぶり。
その進化ぶりに驚いています。

3Gから4Gになったこともあり、そのサクサクぶり。
以前のように読み込みの遅さから違うところをタッチしてしまう、
なんてことはなくなりました。

さらに驚いたのがSiriの機能。
初めて使ってみましたが、
ここまで正確に聞き取ってくれるのか!
とちょっと怖いくらいですね。
ちょっと手が離せないときとか、意外と重宝しています。

しかしおかげでついついスマホを手に取る時間が増えてしまった気がします。
気付くとネット検索していたり、動画を見ていたり・・・
たいした目的もないのに。

今は電車に乗るとほとんどの人がスマホいじってます。
私もそのうちの一人ですが。。。
あの姿勢を続けていたら、
首や肩に知らず知らずに負担もかかってしまうんでしょうね。

デジタル機器に囲まれる生活は便利ですけど、
たまにはそういったものから離れてゆっくりする時間も欲しい、
ちょっとそう思います。

首の痛み 鎌倉 のこちらでは心身の緊張を解きほぐし、 
バランスのとれた身体になるような施術を行っています。
ストレスから身体の痛みが発生するということもあるようですし、
本質的な改善には心身両面からのアプローチが有効かもしれませんよ。

越谷市で白い歯にしてくれる歯医者は?

先日、会社の採用試験の場に立ち会う機会をいただきました。
受けるほうではなく、採用する側の方です。

試験といってもすでに面接の席であり、面接官は私を含む3名。
しかし私は人事の人間というわけではありません。
本来来るはずだった方がどうしても参加できなくなり、
座っていてくれるだけでいいから!と急きょ頼まれたのです。

そんな経緯のため気軽に参加したんですが、
おかげで第三者的に面接現場を観察できて面白かったですね。
面白いと言ったら真剣に受けに来ている方々に失礼かもしれませんが、
あくまで人間観察の場として、という意味です。

詳細に語ることはできませんが、
受けに来ていたのは学生から社会人。
私の感想としては、最近の学生はプレゼンが上手だな~ということ。
自分の売り込み方をわかっているというか、伝え方が上手。
最近はその手のセミナーや書籍もよく出ていますし、
授業などでも鍛えられているのかもしれませんね。

ただあくまで私個人の主観的な感想ですが・・・
上手なんだけど、ちょっと退屈といいますか、
テクニックを駆使している感が否めないというのがありました。
そのせいか皆が似たような印象に感じてしまうんですよね。

そんな中、一人の女子学生が印象に残っています。
伝え方は整理できていなくて雑なんですが、
感情が伝わるというか、この子は本当に〇〇が好きなんだな~、
と素直に思ってしまうような話し方。

後で思い出すと妙に印象に残ってますね。
だからといって採用するかどうかは別の話になってしまうんですが。

ちなみにその子の白い歯も妙に印象に残っています。
よく笑っていたからでしょうか。

採用試験にはもちろん外見も大事ですが、
私、歯に対してちょっと劣等感があるせいか、よく見てしまうんですよ。
歯並びもあまりよくないし、虫歯も多かったもので。
だから綺麗な白い歯の人を見ると、ほんとにうらやましいんですよね。

綺麗な白い歯を保つには普段からの心がけと、
懇意にしてくれる歯科医が欠かせません。
越谷 白い歯 歯医者 なら病院勤務で得られた知識と最新の設備で、
良質な歯科医療を提供してくれます。
歯が綺麗だと自信もつくし、積極的に笑えるんですよね。

面接の結果、白い歯のあの子は・・・
まだわかりません!

勃起不全を東京で治したい方

先日の会社帰り、いつものように車を運転していると、
ちょっと派手目のバスが私の目の前に入りました。

よく見るとキッズのスイミングスクールバス。
いまのスクールバスって派手ですね~。
派手と言うかかわいくデザインされてて、私の小学生時代とは段違い。
私も昔スイミングスクールに通ってたんですが、
なんの変哲もない地味なマイクロバスでしたよ。

しかもそのバス、テレビまで付いていて
後続車の私からも何が放映しているかがわかる大きさ。

おいおい、せいぜいスクールとの往復距離だけなのに
そんなもん必要なのか?
と疑問に思った次第です。

ちなみにそのテレビで放映していたのは『ポケットモンスター』でした。
通称ポケモン、今でもやってたんですね。

ポケモン、いやポケットモンスターと言えば・・・
ご存じですか?
『ポケットモンスター』には、とある国にでは違う意味があることを。

ポケットモンスター・・・
ポケットサイズのモンスター・・・
モンスター!?に見える人もいるかもしれません。

察しのいい方にはお分かりでしょうけど、

男性器を指す言葉なんです。
たしか英語圏では。

なんかちょっと納得できるような隠語ですよね。
言いえて妙、みたいな。
ポケットサイズの人もいれば、おさまり切らないサイズの人もいるかもしれませんが。
幸い?というか私のは携帯できるサイズだと思います(笑)

あらためて思えば軽いモンスターですよね。
しかし中にはモンスターとしての役割を果たさない、
もしくは弱いモンスターになっている人もいるかもしれません。

そんな方の味方になってくれるのが、
東京 勃起不全 での男性専門クリニック。
弱っている原因は何なのか、経験と知識を持った専門家がサポートしてくれます。

言うなればモンスターのブリーダーかもしれませんね。
状態を見て判断し、適した栄養やアドバイスをしてくれるという。
まさしくポケモンバトルに勝つために!

う、ポケモンファンに怒られないか心配になってきました。
ファンの方ごめんなさい。

身体のメンテナンス

こんにちは。
このところ冷えるようになりましたね。
会社では風邪気味の人も多いので、私も気を付けなくてはと
フリースその他を引っ張り出してきました。

そんな今日はちょっと車のディーラーに行ってくる予定です。
車検が近いのでその話もあるんですが、
ちょっと前に新しく出た車に興味あるってことを話したら、
セールストークが始まってしまいました。
車検を通すか、車購入か?とちょっとだけ揺れています。

いえいえそんな簡単に新車を買うほど余裕はないですよ。
ただ車検の見積もりが25万円をオーバーしていたので、
ちょっとびっくりしてしまいまして。
ディーラーだから高くなるのはしょうがないけど、
さすがに25万円オーバーはなー。

今の車も9年経つからそれなりに交換部品は出てくるんでしょうけどね。
早目に交換しておけば安心して乗ってられるってことはありますし。
一部にガタがくるとけっこう連鎖的にダメになったりするんですよね、経験上。

そんな意味では人の身体も同じだなー、なんてちょっと思ったりもします。
定期的にメンテナンスしてコンディションを整えておけば、
普段も快適に過ごせますし、安心です。
人でいえば健康診断や検診を受けて体調管理をしておくといったところでしょうか。
異常があっても早期に発見できれば大きなトラブルにならなくて済みます。

人間の身体は機械みたいにいかない部分もありますが、
それでも何もしないよりはしたほうがはるかに効果的だと思います。

最近は『ふたりにひとりがガンになる』などとも言われますが、
実際芸能人のニュースなんかでも多いですよね。
そんな中でも無事に復帰されてる方が多いのも事実です。
帝京大学医学部下部消化管外科 では、
患者さんが安心して治療を受けられる最良の医療を心がけています。
なかなか外見からは判断しづらいお腹などの消化器系、
ちょっとでも気にかかるようなことがあれば、
早目に対処することで、安心が手に入るのではないでしょうか。

車も外見がきれいでも中身はわからかったりしますからね。
とりあえずほかの所でも車検の見積もりを出してもらおうかな。
いや、新車はまだ無理ですから・・・