日帰り手術も増えてきた痔の手術、まずは専門医で受診を

『痔』の手術は入院期間が長くなるから困る、と思っていませんか?

確かに従来の痔の手術は入院期間が1〜2週間くらいかかることが多く、それが診察に行かない理由の一つにもなっていました。しかし最近では2、3日程度の短期入院や症状によっては日帰り手術を行う病院も増えつつあります。

近年の痔の治療はなるべく切らずに治そうとするのが主流ですが、それでも止むを得ず手術が必要となった場合、極力患者に負担が少ない治療法を選ぶようになってきています。医療機器や手術の技術向上により治療法の幅も広がったことで、患者の症状に合った治療法が選択できるようになっているのです。

また現在では、患者の生活の質を落とさず治療する「QOL(クオリティ・オブ・ライフ)」が重要視されるようになり、術後の生活も快適にできるよう配慮されているのです。

必要以上に診察や手術を不安に思う必要はありません。不快な症状を抱えたままにするより、早めに専門医を受診して正しい診断をしてもらいましょう。
https://www.nico-tama.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>