メリットの多い不妊治療、胚盤胞移植

不妊症に悩む夫婦も増えており、
体外受精という言葉はよく知られているものの
一体どのような不妊治療なのか
よく知らない場合もあります。

特に体外受精の場合、
受精卵を培養して子宮に戻すという
「胚盤胞移植」という方法については
あまり知られていません。

体外受精や顕微授精などでできた受精卵を
ある程度成長させて子宮に戻して
妊娠を目指すことを胚盤胞移植といいます。

受精卵は受精してから細胞分裂を繰り返し、
約5~6日で胚盤胞という着床できる状態になります。
その胚盤胞の状態まで培養して子宮に移植するのです。

この方法は受精卵がより成長した段階で
子宮に移植するため、
移植1回あたりの妊娠率があがります

初期胚の時点では子宮に戻して
順調に育つ良好なものかどうか
見極めるのは難しいのですが、
胚盤胞の受胎まで培養させると
良質な胚を選別することができるという
メリットが挙げられます。

メリットが多い胚盤胞移植ですが、
初期胚などと比べ培養時間が長いということで費用も重なります。

そのためこの不妊治療を受けることは
しっかりとパートナーが話し合って、
金銭的な負担やリスクを理解した上で決定していきましょう。

http://www.haruneclinic.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>