がん治療の新たな選択肢、遺伝子治療

もしあなたが、もしくは身内が『がん難民』になってしまったら、どのような選択をするでしょうか。

『がん難民』というのは、病院側から「もうできることはない」と言われ、途方に暮れてしまう患者さんたちのことです。しかし患者本人だけでなく、周囲の人たちにとってもそれはひじょうにつらい言葉でもあります。残された道は緩和ケアしかないと、少しでも穏やかに過ごせるように生きる。それも選択の一つではありますが、もし他に治療法があるのならそれに託してみたいと思う人もいるはずです。

いわゆる標準治療ではできることはなくても、他にも治療の道があるかもしれない。世界を見渡せば他の選択肢があるのも事実です。
がんにはしばし先端治療という言葉が話題にあがります。先端治療のひとつとして『遺伝子治療』というのがあるのですが、この治療法は近年大きく研究が進み、欧米を中心とした海外では承認薬が多く誕生しています。遺伝子治療は、もともと人間の体内にある遺伝子を用いるため副作用が少なく、他の治療法とも組み合わせが可能など多くのメリットがあり、今後国内でも増えることが期待される治療法です。

残念ながら保険適用でないため、治療費が高額になるという点はありますが、がん治療の選択肢として頭にとどめておくことは、希望の一助になるのではないでしょうか。

https://tenjin-cc.net/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>